インサイド



2月に見た映画とか。

さて、2月に見た新しい映画。

「明日へのチケット」
「ブラザー・オブ・ザ・ヘッド」
  →これは感想文を書こうと思ったのですが…。なぜかまだ書けてない(汗)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
  →映画館で見逃したので今更レンタル。ヴィゴがセクシーですな。

3本か…。何か忘れている気がするのですが、こんなもんでしょうか。
ついでに、今月見た演劇&ミュージカル。

「マリー・アントワネット」
「コリオレイナス」
  →蜷川演出。こちらも感想文を途中まで書いて放り出してある!いかんよこりゃ!
「アンナ・カレーニナ」
  →DVD。「マリー・アントワネット」を見たついでに、劇場で買ってみました。…言いたいことが山ほどある…!!トルストイ先生もびっくりな仕上がりでした。音楽は綺麗なんですけど。

うわぁ。
消化不良ばっかりですね…。
[PR]
# by azuki-m | 2007-03-04 19:02 | ■メモ

ミュージカル「マリー・アントワネット」の感想なんか。

さて、本日はミュージカル「マリー・アントワネット」の感想文なんかを。
梅コマでやっておりましたので、母上と一緒に行ってきました(笑)。
なんで行ったかといえば、そりゃクンツェ&リーヴァイコンビの作品だからに決まってます(笑)
「エリザベート」(ウィーンキャスト版)を見る前に、一度見ておきたかったのです。

さて、ミュージカル「マリー・アントワネット」。
ネットでいろいろ言われているのは知っていましたが、あまり事前情報仕入れずに見に行きました。ですが、思っていた程、悪くはなかったです。
むしろ、2幕はとっても面白かった。

その内容ですが。
今やってる映画「マリー・アントワネット」とは当然違います。端的にいえば、「MAというイニシャルを持つ、対照的な二人の女性の人生」の物語でしょうかね…。そして、そんな彼女達を通して見る、人間の愚かさ、ですかねぇ?
「マリー・アントワネット」という題名ですが、主役は二人のMA。一人はマリー・アントワネット、もう一人は貧民のマルグリット・アルノー。
マルグリットは懇意にしていた女性を「殺した」、王妃アントワネットを憎み、革命に身を投じる。一方のアントワネットは無邪気な王妃としてフランスに君臨するも、徐々に政治と歴史に飲み込まれていく。

音楽なんかはとってもカッコイイ。脚本も良いと思うのですが。
…カリオストロさんの存在意義が、よく分かりませんな(汗)
別に彼の手の内でなくとも、「人は愚かな歴史を繰り返す」ことなんて、この種類のお話には大前提すぎて、敢えてそれを語るためだけの人物を設定する必要はないと思うんですがね…。
暴動の裏に「黒幕アリ」な展開なら、オルレアン公だけでも充分な気が。
また、クンツェ作品におなじみの狂言回しならボーマルシェだけでもいいわけですし。歴史を一人別の位置から客観視している人物としても、ボーマルシェだけでいいのですよ。
またこの、ボーマルシェとカリオストロの関係もよく分からんのですよ…。エリザベートにおけるルキーニとトートの関係みたいなもんでしょうか。だけどこのカリオストロさんはお話の中において、いるのかいらないのかよく分からない人物ですが(汗)
なので、ミュージカルの繋ぎ(歌と場面の繋ぎ)としてだけのみ、存在意義のある人物?というか、山口さんのために設定された人物?(汗)
これがストレートプレイなら、全く必要のない人物ともいえるかも(汗)
すみません、まだ一回しか見てないので、よく分からないのですが。
何度か見ているうちに、わかってくるのかも。

あと、2幕はドラマチックで、「これぞミュージカル!」というような感じでしたが、1幕はほとんどイントロなので、ちょっと退屈してしまうかも。
私が見たのは笹本マルグリットでしたが、とってもよかったー。歌がうまい。
ただ、マルグリットが徐々に疑問を持つとはいえ、最後いきなりアントワネットに肩入れしてしまうのにはちょっと驚いた。


後は一幕の流れと、キャラクターをどうするか、ぐらいですかね…。
このミュージカルは日々進化しているようなので、これからももっとよくなるのではないでしょうか。
でももう一回見に行きたいです。
歌がホントによかった。
お暇があれば、ぜひともどうぞ。
(ドイツ公演が決定とのこと。日本発のミュージカルとして初めてのことだとか。脚本も音楽もオーストリアの人が作ったものですが、オリジナルキャストが日本人ってちょっとスゴイカモ)
[PR]
# by azuki-m | 2007-02-20 23:17 | ■その他日記

京都国立博物館の「御所の障壁画展」の感想とか

 遅まきながら、京都国立博物館の「京都御所展」を見に行って参りました。(既に会期終了)
 最後の金曜日の閉館ぎりぎりでしたが、まぁ、お客さんもそれほど多くなく、結構気楽に見れました。
 …んが。
 うーん。
 御所の襖絵…。よかったのはよかったのですが、…随分さらっと見れてしまうな、というのが全体の印象(苦笑)。
 好みもあると思うので、なんともいえないのですが、圧倒される、というような印象は受けない。御所の襖絵を、本邦初公開という意義はとても大きく、資料的価値もすごく大きいと思うのですが、単なる「作品」としてみてしまうと、正直つまらない…(汗)。
 もちろん、いい作品ばかりですよ。そこは御所ですから、当たり前です。当時の京都画壇(狩野派、四条派、土佐派)の作品を一同に集めた、まさに「タイムカプセル」(京博の紹介文より)。でもお上品すぎるんですよね…。いい意味でも、悪い意味でも。その辺はさすが御所。

 
 なので、私としては、平常展示館の方が楽しかったし、相変わらずの質の高さを保持していると思うのです。平常展示館の2階は大好き。今回は海北友松筆の「雲龍図」(建仁寺蔵)に圧倒されました。
 元が襖絵とかで、展示室正面を丸々使って展示してあるのですが、本当におっきい!!スケールが違う!!
 今度(もうしてるか)展示される、雛人形の特集も楽しみです。
[PR]
# by azuki-m | 2007-02-19 12:58 | ■その他日記

「明日へのチケット」

f0033713_22353822.jpg
監督:エルマンノ・オルミ 、アッバス・キアロスタミ 、ケン・ローチ
出演:カルロ・デッレ・ピアーネ 、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 、シルヴァーナ・ドゥ・サンティス 、フィリッポ・トロジャーノ 、マーティン・コムストン 、ウィリアム・ルアン

3人の監督からなる、3つのドラマ。
1番目のドラマが上品で、ちょっとびっくり。同じ場面を別の視点から撮っているのは、これがもう一つの物語りの始まり(移民の家族のストーリー)を意味しているからなのでしょうか。
ヴァレリア・ブルーニ=テデスキとカルロ・デッレ・ピアーネとのやり取りがものすごく色っぽくてドキドキします。時折挟まれる老人の過去の話、そしてピアノの音。3本の中で、全ての乗客が一番謎めいて見えました。電車の中、相手が誰だか分からないことから来る、独特の緊張感。
目の前に座った軍人という現実、そして食堂車の隔てられたドアの外で座り込む移民という現実を目にして、老いた男は夢ではなく行動することを知る。

2番目のオバサン(苦笑)がすごい迫力。…だけどいますよね、こういうオバサン…。
この章は、女性がたくさん出てくるせいか、その使い方も上手。年老いた女と、若い女、少女。年老いた女は、自分の若い従僕が若い女達に視線を送ると、それをすぐに邪魔しにかかる。それはあからさまな嫉妬で、年老いた女は青年に歪な好意を抱いているんですよね。青年への過剰な要求も、それの裏返しかもしれないですけど。
…これが自分の死んだ夫のための旅なんだから、なんとなく苦笑してしまう。
そして、いざ青年に見捨てられると、女はなりふり構わず彼を探しにいく。彼女が頼れるのは、結局彼しかいない。だけど青年は若く、昔のカノジョの近況なんかを聞いた後では、年老いた女に構っている時間はないのだ。
印象に残ったのは、赤い服の女性がゆっくり歩いてくるシーン。ここが一番、若い女と年老いた女の比較を感じたなぁ…。

そして3番目。…私にとっては、この章が一番身近でした…。
うわぁ、セルティックサポーターだ。
『ベッカム』に声をかけるのは当然の反応です。その他、一生懸命貯めたお金を革靴に使ったり、足が臭かったり、サンドイッチを移民の家族にあげちゃったり、なんだかとっても場当たり的。念願のCLを見れるもんだから、ものすごくハイテンション。あげくにチケットをなくしちゃうし。…サッカーファンってこんなもんですよ…。あぁぁ、本当によく分かる。
それでも、そんな場当たり的な若者達でも、いざアルバニア系移民家族の悲劇を目の前にして、動けなくなる。単純にサッカーを見たいがために、電車に乗っていたはずだったのに。移民の子供がチケットを盗んだのだとカッカしていた若者達も、「家族が離れ離れになる」と泣き続ける女性の前では、項垂れるしかない(とはいっても、盗みは盗みですが)。単純なだけで、悪意はない若者3人。結局、彼らは移民の家族に一枚のチケットを譲る事を選択する。

全編電車の中なのですが、画面の揺れがないので安心して見れました(苦笑)。
また、電車の中に詰め込まれた人々の目線が印象的。主人公を咎めるような目で周囲が固まることもあれば、主人公の視線を見守る目線。彼らの一挙一動に注目している目線の数々が痛かったり、笑えたり。乗客達もまさに多種多様。
扱っている題材は割りと重いはずなのですが、スコットランド人達のおかげで重くならずに済みました。最後のロマニスタとのやり取りは見てて微笑ましかった…。サッカー好きな人って、あんなもんですね。

それにしても、3人の監督が登場人物達をリンクさせてくれて、一つの映画としてくれているのにはちょっとした感動。贅沢なディナーを食べてるみたいだ。3人の監督がそれぞれ、映画自体の醸し出す雰囲気が違っていて、その比較が面白かったり。
いいですね、こういうの。
[PR]
# by azuki-m | 2007-02-06 22:36 | ■映画感想文index

2007年1月に見た映画。

とりあえず、毎月新しく見た映画をメモすることにしました。
ちょっとした備忘録。
感想文は全然おっついてないですけどね…。
(いや、あえて書かないのも中にはありますが:笑)


2007年1月。

「マリー・アントワネット」
「イベリア」(これはレンタル)
「イカとクジラ」


うーん。計3本。
自分の切羽詰り度を実感…。
[PR]
# by azuki-m | 2007-02-03 20:30 | ■メモ

「マリー・アントワネット」

f0033713_21595053.jpg監督:ソフィア・コッポラ
脚本:ソフィア・コッポラ
出演:キルステン・ダンスト 、ジェイソン・シュワルツマン 、リップ・トーン 、ジュディ・デイヴィス 、アーシア・アルジェント 、マリアンヌ・フェイスフル 、

 いっそ映画ヒトコト感想文の方に置いてやろうかと思いましたが、せっかく久しぶりにアップする感想文なので。
 …えぇっと、さて。
 女性誌の注目度が、映画広報担当者もびっくりするというだけのことはある。
 なんというか、女性が好きなもの全部が入っているのですよね。
 ドレスにヘアースタイル、宝石に靴、お菓子にシャンパン。究極のセレブリティという、今女性が注目するものにものすごい焦点をあてています。
 なんだかそのあたり、女性の監督ならではというか、ソフィア・コッポラが好きに撮っているんだろうな、という感を受けます。(尤も、ヴェルサイユ宮殿を舞台にした映画は、美術さんの腕の見せ所というか、皆さん競って好きなように描いてますけど)
 確かに、ここに描かれている「マリー・アントワネット」像は今までの「マリー・アントワネット」像とは異なる、10代の、ただの女の子です。ちょっと可愛くて、お調子者で、誰からも好かれる健康的な女の子が、不幸にも(そしてその国の国民にも大変不幸なことに)王妃という立場についてしまいましたという。
 映画では、フランス国内の詳しい話はルイと大臣達の話でそれと分かるだけです。映画の主題はあくまで、宮殿の中に閉じ込められたマリーを中心に、話が進んでいきます。当然、ある程度の知識がある観客には、その籠の外で何が分かっているかを知っているから、ちょっと苦笑しながら見てしまうわけなのですが。10代の、何も知らない王妃。青春真っ盛り、反抗期真っ盛り。
 しかし、映画の中では、彼女を何も知らない、というか現実逃避しがちな王妃にしてしまったのは、夫にも原因があるように見せています。いくら迫っても、夫は自分に手を出さない。それなのに、故郷や周囲の貴族からは、早く世継ぎをとせっつかれる。ある日とうとうキレてしまった彼女は、浪費の日々に走ります。お菓子にドレスに宝石に靴、あげくはギャンブルに仮面舞踏会です。
 …でもわかるなぁ、その気持ち。女はストレス発散のために、買い物に走るのだ。でもそれを一国の王妃がやってしまうから、浪費の規模が違うんですよね。
けれど、民衆が詰め掛けてきた朝の食事の暗さと、それ以前の浪費の日々のギャップが物悲しい。

 映画は「マリー・アントワネット」なので、ヴェルサイユに来てからの彼女の生涯が中心です。…が、なんというか、かなり早足なので…。
 ですが、映像的には小物を見るのが楽しかったです。(それこそお菓子にドレスに靴に宝石。かなり現代的な、というかポップなデザインですが)
 お菓子の映像とかは非常に楽しかった。流石フランス!というか、宮廷時代のお菓子は、やはりあんな風にゴテゴテと飾り立てられるものなんですね…。あれだけ食べて、よく太らないな、あの王妃。(寝る前にモノを食べるなんて、超NGじゃないですか)
 しかし変な話、小物ばかりを映して、全体像が見えない感も受けますが。というより、本物のヴェルサイユを貸しきって撮影したせいか、逆に室内映像では宮殿の持つ豪華さ(或いは奥行き)が画面から今ひとつ伝わりにくい感じがする。よく見れば、それなりに豪華な調度品とかはあるんですけど、あんまり印象に残らなかったなぁ…。まぁ、コッポラ監督が意図していたのはポップな映像であって、重苦しい映像ではなかったのでしょうけど。室外に移ったときは流石ヴェルサイユ、空間の広大さはすごいと思うのですが。(でもやっぱり、映像は深夜と早朝が半分近く占めましたね。どうでもいいですが、ヴェルサイユの建物貸付料ってどれくらいなんでしょう…)
 …なんていうか。
 小物は小物であって、それをあまりに全面に出すぎてしまうと、映画全体が見えにくくなってしまいますね…。
 …正直、見終わった後、「映画」というより、「物語」としてどう見たらいいのか、困るところではありました。まぁ、マリー・アントワネットの生誕だったかなんだったか、そんなイベントに合わせて作られたんでしたっけ…?その辺はよく覚えていませんが、彼女を「一人の少女」として捉える事に成功した映画であることは間違いありませんね。それなりに楽しめる映画ではありました。ポップなデザインや音楽が好きな方にオススメ。ハジケすぎているわけでもなく、適度なポップさ、キュートさ(ドレスや画面の色彩に、薄くて淡い色が案外多い)。…ま、どうせならもっとハジケてみても面白かったかな、と思わなくもないのですが(汗)。これは後に公開される「さくらん」の画像と比べてしまうせいかしら。


蛇足ですが。
 この映画を知ったきっかけは、ソフィア・コッポラはルイ15世を、アラン・ドロンにお願いしようとしていたらしい、というゴシップを知ったからでした(汗)
 アラン・ドロンて。
 結局、彼女はドロンの新作舞台の宣伝に利用され(流石ドロンだ)、怒り狂ったそうですが。
 …やっぱり、アラン・ドロン。そしてそんな彼に目をつけたソフィア・コッポラもコッポラだ。すごい。

さらに蛇足。
 アーシア・アルジェントが怖かったです…。いや、こんなところで貴女を見るとは思いませんでした。
[PR]
# by azuki-m | 2007-01-29 22:00 | ■映画感想文index

いや、…。

あけましておめでとうございます。
…って、年が明けてから何日経ってるの!
前回更新からかつてないほど時間が開いてしまい、ちょっと愕然としました。
ダニエル・パウターの「Bad Day」を心の中で口ずさみながら日々をすごす今日この頃。
今日はたまたま調子が悪かっただけさ。明日はきっといいことがある。
…うわー(汗)。
しっかし、20日以上も映画館に行っておりません。
これって、私にとってはかなりすごいかもしれない。
最後に見たのが「エラゴン」だし(汗)
何でもいいから、映画を見たいと思います。
とりあえず、「マリー・アントワネット」は見に行く気でいますが。


さて、フランス人から大ブーイングを受けた「マリー・アントワネット」繋がりで。
今年もやってまいりました、フランス映画祭!!
しかも変わらずTOHOシネマズ高槻でやってくれるようです!!
やったー!!
昨年、勝手に盛り上がった甲斐がありました(え?)!
集え高槻市民!!
(や、私は高槻市民ではないけど:汗)
盛り上がってくださいよ。
っていうか、どの映画を上映してくれるのかも分からないけど。

今年はもうちょっと感想文を書くペースを速めようと思います…。
いや、本当に。
このブログは映画感想文ブログなはずですから。
一週間に一度は必ずアップしたいと思います…。
[PR]
# by azuki-m | 2007-01-19 00:32 | ■その他日記


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧