インサイド



<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


読み終わりました。

 「照柿」、読み終わりました。
 いやー、ハードカバー版よりものすごく読みやすかったです。
 ハードカバー版の細かい話は覚えておりませんが(汗)、話がものすごくシャープになっている気がする。無駄というか、センチメンタルやロマンチックな感情表現がかなり排されてますね。
 しかしそれが高村ファンとしてはちょっと物足りなくもあり、複雑な気分。
 書評にも書かれてありましたが、高村作品(特に合田シリーズ)って、どこかロシア文学の匂いがするんですよね。(あの重苦しく、やたら理論的で、複雑でありながら話の構成がすばらしい作品群。)
 ロシア文学が好きな人は、はまりやすい作品ではあると思います。
 かく言う私も、学生時代、トルストイの「アンナ・カレーニナ」(なんで「戦争と平和」じゃなく、こっちだったんだろ:汗)を読んで、「文豪とはこういう人のことを言うのか」と衝撃を受けた記憶があります。
 ドストエフスキーが好きな方なんかにはかなりオススメ。
 しかし、そんな方は文庫版ではなく、ハードカバー版を読まれることをオススメします。

 …そういや、全然関係ないですが、「アンナ・カレーニナ」はミュージカルになったんでしたっけ。もう公演されたのかな?
 一路真輝のコンサートかなんかで、彼女と共演者が「アンナ・カレーニナ」の一部を歌っていたのは聞いたのですが…美しいけど、寂しげな曲でしたが。
 …まさか、あれがずっと続くんですかね??
 「アンナ・カレーニナ」のミュージカル化というのが、そもそもかなりの冒険なような気がしてならない…。
 愛人のウロンスキイを井上(…名前が思い出せない…)さんがすると聞いて、尚びっくりした記憶が。
 

 そして、今度ジェイムズ・エルロイ原作の「ブラックダリア」が映画になりますね。学生時代から気になってはいたものの、彼の作品は全く読んだことがなかったので、「LAコンフィデンシャル」を借りて参りました。まだ読み始めたばっかりですが、面白ければまた感想文でも。
[PR]
by azuki-m | 2006-08-27 23:30 | ■その他日記

いつの間にか。

 …前回更新したときから、どれぐらい経っていますかね…。
 映画は見ているのですが、全く感想文がアップできていません。
 とってもまずい感じです。
 夏休み中のせいか、カウンターはぐるぐる回っているのですが、せっかく来ていただいて更新ナシでは申し訳ない…。
 もうちょっと落ち着いたら、4月から続く今の現状を、笑い話にでもしてアップしますね(泣笑)
 やってることの規模のわりには、うちの係、人数が少なすぎ…。
 …私、まだ2×のはずなのですが、なんでこんなにくたびれた顔をしてるのかしら。
 鏡を見るたび、ちょっと笑えてしまいます。
 とりあえず、映画の感想文以外でも、何かおもしろいことがあったらアップしてゆきますね。

 
 さて。
 今日何気なく本屋を覗いて見ると、高村薫著「照柿」の文庫本が!!うわぁ!
 12年ぶりに文庫本になったとか紹介されてあります。何故このタイミングで出るのかはよく分かりませんが、何はともあれちょっとびっくり。
 まだ最初の方しか読めておりませんが、読み進めるのがものすごく楽しい。しかし、主人公ってこんな性格だったでしょうか。ハードカバーを読んだのがかなり昔の話なので、主人公の性格がよく思い出せない(汗)

 秋が近づいたせいか、近畿の美術館・博物館では面白そうな企画がたくさんあって、迷ってしまいます。
 とりあえず、京都文化博物館の「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展」は絶対行きます。今年はウィーン旅行のはずだったのに!(泣)仕事のせいで全部ぱぁになってしまいました。
 あと、京都駅ではミュシャ展をするようで。ミュシャ展って、以前にもどこかでやっていたような気がするのですが、今回もまた行っちゃうんだろうなぁ…(苦笑)。
 それと、ルーブル美術館からの彫刻を展示する?ルーブル展もあるのでしょうか?しかし本当に彫刻ばっかりっぽいし。

 秋は芸術の季節ですね。…まだ、夏は終わってませんが。
[PR]
by azuki-m | 2006-08-21 01:13 | ■その他日記

いろいろすみません…(汗)

 最近また更新サボって申し訳ない(汗)
 世間は夏休みのせいか、カウンターがぐるんぐるん回っております。
 映画は見ているのですが、それを感想文にする時間がまだありません(汗)
 すみません…。

 とりあえず、今回はいろいろ雑記など。
 さて。
 イタリアカルチョ界はなんだかんだありながら、ラツィオもフィオもセリエA残留、ミランに至ってはCLの出場権が復権と、なんだか最初の判決と随分違う感じになってきました(汗)
 この辺の濁し具合がとってもイタリア的というか、ナイスな感じ(汗)
 (ファンも抗議で電車止めるしね…。)
 サッカー界の結束って、変なところで強いな…。
 私としては、ミランがCL出場権を得て、万々歳なんですが(すみません、本音出しちゃって:汗)

 そして、全然関係ないですが、ミランで出している写真集がどんどんすごいことになってきているようで、見るたびに半笑いを浮かべてしまいます。
 以前ドルチェ&ガッバーナと服の提携をした時撮った写真にも度肝を抜かれましたが…。
 (ミランボーイズってなんですか…。いや、それよりシミッチさん…。言いたいことが山ほどありすぎて、どうしたらいいのか分からない…)
 試合に出れない選手は脱がなきゃ駄目なんでしょうか(汗)。
 いや、カメラさんとドルガバの趣味か…。
 ドルガバって、カルチョ界に随分注目しているようで、イタリア代表選手達の写真集も出してますしね。…あれもちょとびっくりしましたが。下着だらけ…。


 そして、フィギュアスケートが段々始まってきましたねー!
 太田由希奈選手の復帰がものすごく嬉しい。
 彼女は荒川選手似の優雅な滑りをする選手なので、見ていて非常に楽しい。
 あと、安藤選手の仕上がりにもびっくり。昨シーズンの彼女とは別人のようです。
 元々、素質はあるんだから、後はそれを磨いていくだけのはずですから。
 また、モロゾフが浅田真央選手の振り付けをするようで、どうなるか楽しみです。
 モロゾフって、本当に、いろんな選手の振り付けをしますね…。そして、彼が振り付けをした選手は絶対に上位にいくんですよね。
 しかし・・・テレビさん、アイスダンスのアニシナ&ペーゼラ組、せっかく来日したんですから、映してくださいよぅ!(泣)


 そして、アレクサンドル・ソクーロフの「太陽」が近場の映画館で上映されるようで、ものすごく嬉しい。日本での公開が決定しただけでも、嬉しいのですが。
 何はともあれ、ものすごく楽しみです。
[PR]
by azuki-m | 2006-08-05 23:54 | ■その他日記


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧