インサイド



カテゴリ:■映画こぼれ話( 11 )


ブラピ&アンジー

「アンジェリーナ・ジョリーがブラピの子供を妊娠!」

 ・・・こんなニュースが駆けめぐる今日この頃。
 このブログの本来の目的であるはずの感想文を差し置いて、とりあえず私も一筆をば。


 ・・・・・・っていうか、これは本当なんでしょうか。
 だとしたら、久々に華やかでビッグなカップルの登場ですね。

 この二人は本当に華やかだと、思います。
 演技どうこうの問題でなく、「あぁ、スターなんだなぁ」と。
 それはハリウッドによって作られたスターなのかもしれませんが、
 彼らも自分自身の「スター」としての価値を理解しているというか。

 ブラピやアンジーが出ている作品はそんなに見ているわけではないのですが、そんな数少ない作品の中でも、「これはブラピにしかできない」とか、「彼がやってくれてよかった!」と思った作品は、「ファイト・クラブ」と「オーシャンズ11」でしょうか(また微妙なチョイス・・・)
 この2つの作品の中で、彼はとても格好良くてクールな男性を演じて下さっています。
 ファッション(あんな格好、彼にしかできない・・・)、立ち振る舞い、キャラクターの性格。
 どれをとっても、この2作に関しては、私はブラピ以外の人は考えられないのです。
 それは彼が持つ、「華やかさ」が役と見事にマッチしているからだと思います。
 「オーシャンズ11」自体、ハリウッドのスターが勢揃いして、そんなスター性を売り物にしていましたが、彼はその中にあって、他に紛れることなく自分のいいところを発揮してました。
 私の中で勝手に作られたイメージもあると思うのですが、彼が出ると、やはり画面が華やぎますね。

 アンジーの作品は…本当にあまり見てないかも。
 「これは彼女がやってくれてよかった!!」と思ったのは、変な話ですが、「アレキサンダー」のオリンピアスでしょうか・・・。(だからそのチョイスは)
 あの毒々しさ、魔女っぽさは、彼女ならでは(汗)
 あれは本当に息子に取り付きそうな母親でした(汗)。
 しかし彼女はセクシーな女性を演じるのが本当に上手ですね。
 いや、あれは素でしょうか(笑)


 「Mr.&Mrs.スミス」は、そんなブラピ&アンジーだからこそ、できた映画だなと思います。
彼らが出ていなければ、あそこまでヒットしたかどうか。
 アンジーの養子の養父になったりと、最近はネタを振りまいてくれましたが、ここに至っての妊娠ニュースなんて、出来過ぎですよー(笑)。
 でも、本当に二人の子供ができたら、楽しそうですよね。
[PR]
by azuki-m | 2006-01-13 12:47 | ■映画こぼれ話


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧