インサイド



カテゴリ:■映画ヒトコト感想文。( 3 )


「300」

f0033713_235327100.jpg監督:ザック・スナイダー
出演: ジェラルド・バトラー 、レナ・ヘディ 、デヴィッド・ウェンハム 、ドミニク・ウェスト 、ミヒャエル・ファスベンダー 、ヴィンセント・リーガン

話題の300。
300人のスパルタ兵が1,000,000人のペルシャ人と戦うというストーリーです。
…が、一方的・かつ、極悪に描かれたペルシャ人像に、人種差別だという批判も相次いでいます。しかも、怖そうなペルシャ人たちの肌の色が黒いっていうのもまた…(汗)。
知り合いのアメリカ人は、「あんな人種差別映画、見るか」と怒っておりましたが、とりあえず行って参りました。


さて、かなり脚色が入ってはいるものの、史実を基にした映画。
最初はやっぱり、パンツいっちょ・筋肉むきむきな男の軍団に、ちょっと胃もたれを感じてしまったのですが、慣れてくればなんとか。(あと、王妃も微妙に露出度が高い(笑))
なんといってもコスチュームプレイですので、衣装や美術を期待したところはあったのですが、むしろアクションシーンに重点がおかれ、スパルタの街や生活の様子はほとんど描かれていませんでした。
…というより、スパルタの街がやけに小さく見えました…。いったい、どういう造りになってるんだろう、この街。
ペルシャからの使者を突き落とすシーンは、街の中心にでもある、生贄を捧げるための大穴か何かでしょうか…。でも、王宮からあんな近くに穴があっていいの??
また、街の背景が映るようなシーンはかなり人物をアップめにして撮っているので、尚更背景が掴みにくい…。王宮の様子も中庭くらいしか(汗)
まぁ、それはともかく。というより、そんなところに期待しちゃ駄目だ、この映画。

映像がやはりカッコイイです。
お気に入りはやはり、神託のシーンでしょうか…。(神官達が、どうやってあんな山の上で暮らしているかはともかく。というより、あの爺様たち、どうやって下界に降りてるんでしょうか。あの生活じゃ、お金なんていらなさそうだけど)女性の揺れる服、焚いた香の煙。スローモーションで画面の上に幕を張っているような映像で、非常に幻想的でした。『神が降りる』シーンとして、かつてない斬新さ。
ただ、映像の内容はかなりグロテスク。「シン・シティ」のフランク・ミラー原作なので、分かる気はしましたが。飛び散る血や手足、もはや怪物としか呼べないような人間…(汗)。でも戦闘シーンの構成はどれもありえない構成なのですが、一つの写真としてみると絵になります。全編戦闘シーンなので、そういうのは楽しいのですが、ストーリーとしてみると(汗)
また、ペルシャ王クセルクセスやペルシャ人達の描き方もかなりエキセントリック。それでも、ペルシャ王役の人はかなり気に入りました。不自然に色気むんむんで、やっぱりパンツいっちょな上、体中宝石だらけ、移動中でも巨大な玉座に座り続けるという、かなりすごい描かれ方をしていましたが、独特の雰囲気が私的には気に入りました。俳優さんもかなりノリノリだったようで。「あの衣装、気に入ったよ」と仰っているようで。

なので、全体的に、ストーリーどうこうというより、映像自体を楽しむ映画でした。アクション好きな人にはたまらないかも。特に、「シン・シティ」が好きだった人にはオススメです。…私、結構「シン・シティ」は好きでした…。今回、女性キャストがほとんどいなくて、それが残念ではありましたが。



ちょっとした蛇足。
どうでもいいのですが、ディリオス演じるデヴィット・ウェナムにちょっと驚き。この人、こんな顔だったけ。というか、こんなに声が低かったっけ(汗)。ウェナム氏の魅力を再確認させていただきました。
[PR]
by azuki-m | 2007-06-16 09:35 | ■映画ヒトコト感想文。

「プラダを着た悪魔」

f0033713_1205280.jpg …なんというか、今の私にはイタイ映画というか…。
 変な意味で、妙に感情移入してしまい、見終わった後ちょっと疲れました。
 せっかくの日曜日(OFF)に見に行く映画じゃないや…。

 さて。
 さんざん言われている事だとは思いますが、ファッションが可愛い!
 セックス&シティが好きだった私にはものすごく嬉しい。正直言って、この映画がS&Sの衣装係さん(パトリシア・フィールド)が参加してなければ見なかったかもしれないですしね。プラダにシャネルといった有名ブランドの服やバッグが続々登場。眼福眼福。
 しっかし、いい物にはいくらでも金をつぎ込むという、ミランダのポリシーは分からないでもないのですが、一般人にはそんな高級な服を着る金はないのよ。
 いいものは高い…。あそこで働く人は、いったいどれぐらいの給料をもらっているのでしょうか。
 そして、髪型を変えた時、アン・ハサウェイの目がほんとうにおっきく見えて、それにびっくり。なんというか、顔のパーツの一つ一つがおっきい人ですね。
 あと、メリル・ストリープがすごくほっそりしていてびっくり(笑)。ミランダを演じるプレッシャーで(?)、撮影中にすごく痩せたらしいですが。彼女の鬼上司っぷりには脱帽です。しかし、いくら有能だとはいえ、アシスタントをあそこまで私的に使っていいもんなのか(汗)。まぁ、彼女はアンディがミランダと同じように「人の望む事をやってくれる」かどうか試していたのかもしれませんがね…。

 あと、映画のキャッチフレーズに反して、アンディよりエミリーに感情移入してしまった私。
 「私は仕事が好き、私は仕事が好き…」
 と独り念じる彼女を見て、「あぁ、そういうのってあるよね…」とちょっと頷きそうになりました。
 今の私の現状もそうさせたのかもしれませんが(汗)
 「パリに行く」という願いのために、全てを仕事に捧げる彼女は正直言っていじらしい…。
 でもエミリーの服とかメイクとか、なんだかちょっと魔女っぽい。美人は美人なんですが。あ、エミリーの親友役をジゼル・ブンチェンが演じてましたね。有名デザイナーもご本人が登場してびっくり。

 見終わった後、思わずシャネルのブティックを見に行ってしまった。
 ファッションやインテリアが好きな人は、見ていて本当に楽しい映画だと思います。

 映画の感想文は久しぶりなので、とりあえず軽くこんな感じで(汗)。


監督:デヴィッド・フランケル
出演: メリル・ストリープ 、アン・ハサウェイ 、エミリー・ブラント 、スタンリー・トゥッチ
[PR]
by azuki-m | 2006-12-11 01:23 | ■映画ヒトコト感想文。

「マイアミ・バイス」

※映画感想文というほど、しゃちほこばったカンジでもなく。
  つれづれなるままに書いてみた一品。

f0033713_2255769.jpg 実は、コリン・ファレルが好きなんですよ。
 あの男くささ、けっこう好き。
 なので、この映画は完全にコリン・ファレル目当てで見に行きました。
 やー、しかし。なんていうか。…レディースデイでよかった…。

 アクションといえば、どこまでも、というか、主人公達がありえないくらいカッコイイくらいが丁度いいと思います。
 せっかくのポリスもの。しかも、マイアミ・バイスですよ!?
 主人公達がかっこよくなくってどうするんですか。
 コリン・ファレルとジェイミー・フォックス、その他、女性陣がめちゃくちゃカッコイイ。いや、女性が本当にカッコイイんですよ。ごつい銃を構える美しく逞しい女性、というのはそれだけで絵になりますねー。
 ……そんな感じで…ビジュアルはとってもよかったんですが。

 …なんていうか、話の構成がとってもまずい。
 …どこで盛り上がればいいんだろう、コレ。
 音楽でがーっと盛り上げる、昨今のアクションの風潮もどうかとは思いますが、全く盛り上がりに欠ける音楽なアクションてのもどうだろう。私の予想では、トレーラーで流れてる音楽が、銃撃戦にでもガンガンかかって、観客を盛り上げてくれる予定だったのですが、え、何。…マイアミ・バイスって、音楽が人気だった、と聞いたんですが…。
 冒頭、映画始まってからいきなりかかってるじゃないですが、あの音楽。
 …冒頭から盛り上げてどうするの…。逆に、その映画に入っていけません。というより、音楽の使い方が全体的に…あまり上手くないような…(汗)
 全体的にハラハラするような展開もなく、なんとなく終わってしまうような話になってしまいました。全体的に、少しメリハリに欠ける感がありました。えー。せっかく(半ばお約束な)FBIだのなんだのを出してくださってるんですから…。こう、もう少し、入り組んだ、スリリングな話でもよかったのでは、という感じがします。最後はもう無理やり銃撃戦ですから…。(でも、この銃撃戦は結構好きかも)
 なので、途中から、ひたすらコリンコリンで画面を追うことに専念いたしました。ちょっと太っていようが何さ。コン・リーが本気で羨ましかったですとも。
 どうでもいいですが、ソニー。…アンタいったい何やってるの!仕事の大部分は相棒のリンがやっておりまして、ソニーはもっぱらラブストーリー専門なようです。テレビシリーズでもこんなカンジなんでしょうか。

 さらにどうでもいいですが、テレビシリーズの内容とかネットで見ていて、「アメリカ版あぶない刑事みたいなものかしら」と勝手に想像していたのですが、違うみたいですね(笑)
 でも、なんか、あらすじを見てると、映画がものすごく大人しいカンジに思えてきます。警察モノって、とことんリアルに作るか、とことん「ありえなさ」を追求するか、どちらかのパターンだと思うんですが。

 ラズベリーはともかくとして、なんだか、「やっちゃったなぁ」というカンジがする作品。
 たしか、撮影中にハリケーンが来襲したり、制作費がけっこうかかってたんでしたっけ。…取り戻すのは無理っぽいですね。
 でも車はカッコイイ。オープンカーに乗りたいとは思いませんが。


「マイアミ・バイス」
2006年
監督:マイケル・マン
出演:コリン・ファレル 、ジェイミー・フォックス 、コン・リー 、ナオミ・ハリス 、エリザベス・ロドリゲス
[PR]
by azuki-m | 2006-09-09 22:10 | ■映画ヒトコト感想文。


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧