インサイド



フェデラー5連覇。

とうとうやっちゃったよ、フェデラー。
ウィンブルドン5連覇です。…すっごい。
夜中の11時から正座してみてましたが、正直胃の痛い試合でした…。

さて、今回のフェデラーはなんだかちょっと調子が悪い。
コーチがいないことだとか、いつもとは少し違う調整法をしたせいなんでしょうか。
ま、それはともかく、対するナダルがものすっごいキレキレで、泣けてきました。
…あんた、5日間で一つの試合したり、決勝まで休みなかったじゃん。
スケジュールがタイトになればなるほど、元気の増すナダル。
解説さんも呆れ気味でしたね。…若いっていいなぁ…。
もはや孫悟空にしか見えません。「オラに元気を分けてくれ!」とか言い出しそう。
(本当かどうかは知りませんが(本当だったら面白い)、彼は「ドラゴンボール」の孫悟空ファンなんだそうで…)

や、そんなことはどうでもいいのですが。
正直、1セット目だけで1時間近くかかったので、「こりゃ4、5時間コースだ」と思い、2セット目の3ゲーム目あたりだったか、早々に切り上げて寝てしまったのですが(汗)、正直、あの試合はもう見てられなかった。
怖くて怖くて。ものすごい緊張しすぎて。胃がきりきり痛みました。
フェデラーのショットがなかなか決まらない…。ナダルの恐るべきカバーで、全部とられちゃう。ビデオの判定にも相当苛立ってたし。
どんなオープンスペースでも、ナダルは確実に取ってくるし、ストロークが続けば続くほど、フェデラーの焦りが増していっていくのが分かって、見ていてしんどかったです。
最終的には、ナダルとの打ち合いを避けるため、サービスを決めるしかなく、やはりそこに集中したフェデは流石としか言いようがないのですが…逆に言えば、そこまで追い詰められてたってことですよね。
ナダルのテニスって、技術力は勿論だけど、相手の技巧とか全てを帳消しにしてしまう、あの粘り強さが一番怖い。一発のショットも超強力だし。その上、最近は経験値がついてきて、相手を見ながらのテニスができるようになってきた。
いや、本当に怖かったです。
今年はなんとか勝ったけど、来年はどうなんだろう。…フェデにはまだまだ現役でいてほしいんですが。

…いや、すみません。
フェデが好きなせいか、どうも彼を贔屓目で見てしまう(汗)
ナダルも好きな選手なんですが。…フェデとあたってほしくはないな(苦笑)
二人の戦いは、それこそ白熱したバトルになるんで、見ていて非常に楽しいのです…が、同時にものすごくしんどいです(汗)


そして、最後になって申し訳ないですが、ビーナス!!おめでとう!!
…エナンの敗戦には正直、がっくりきたんですが…。
ビーナスが勝ってくれて、結構嬉しかったです。
今回のウィンブルドン、ビーナスはかなり頑張ってたし。なんか「闘う女」って感じです(笑)
ものすごく力強いんですよね。
[PR]
by azuki-m | 2007-07-09 21:25 | ■その他日記
<< いろいろと…(略) ウィンブルドン再び。 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧