インサイド



3月に見た映画とか。

更新が止まっていてすみません。
ちょっと知り合いにこのブログの存在を知られてしまい、続けるかどうか本当に迷っておりました。
とりあえず、これからは見ないと約束してくれたので、続けていこうと思います。
いやー、自分の日記を見られたときのような、ものすごい羞恥心があって、これからその人とどう接していこうかと、ちょっと悩んでしまいましたよ。

で、そんなことは置いておいて。
とりあえず、3月に見た映画。(今はもう4月の中旬、というツッコミはなしでお願いします)


「蟲師」
…原作がすっごい好きだったんですよ…。
これを見るにあたって、アニメ「蟲師」もレンタルで制覇。…なので、実写版にはかなりがっくり…。映像はすごく素敵なんですけどね。いかんせん、あの独特の世界、「蟲」とはなんぞや、とかそういった漫画独特のファンタジーを、限られた時間の中で描ききることは難しかったかも。あれは前もって原作を読まないと、何がなんだか分からないと思う…。
オダジョーを目当てにきた人とかは、かなり退屈だったんじゃないかなぁ。

「ドリーマーズ」
マイケル・ピットがここのところ私の中でブームで、とりあえず見てみました。エヴァ・グリーンもいるじゃないですか。
内容はかなり過激(笑)。
若い俳優たちにここまでやらせた監督はさすがですね・・・。

「アルマーニ」
単に、アルマーニが好きだから(笑)
ショーって、こういう風に作り上げていくのね…。勉強になりました。

「ナイトウォッチ」
人間の描き方がグロテスクでいい。
目はかなり疲れるんですが、画面の構成とか、超カッコイイ。
まさしくダークファンタジーという感じで、続編に期待です。続きがとっても気になる…。
ストーリー展開とはか、流石ロシアといったところ。

「ククーシュカ」
前売り買ったのに、見れなかったんですよ!!
言葉が異なる人同士が繋ぐ、不思議な愛の物語。
見終わった後、ものすごくじーんと来ます。
「ククーシュカ」とはロシア語でカッコーの意味。(ヒロインの名前がカッコーの意味を持つのだそうです。)子供を育てないはずのカッコーが、巣の中に傷ついた男二人を迎え入れ、彼らを故郷へと帰す。
女って偉大だ…。


「さくらん」
あぁぁ。いろいろと期待するところはあったのですが…。
ううーん…。
ちょっと、私的には残念な結果になりました…。
映像はすごく綺麗だったんですがね…。

多分、こんなところでしょうか。
ついでに、テレビで「ドラえもん のび太の恐竜2006」を見ました(笑)。
…結構泣けました…。
あと、最後がいい。ママが、二階から降りてきた子供たちに「あら、みんなで何をやってたの?」と聞くのですが、それに対するのび太の返答が「ちょっと…」なんですよね。
あれだけの大冒険の後の返答がこれ。
オトナの知らないところで、子供には子供だけの世界があるんですよねー。
私もそうだったと、ちょっと自分の子供時代が懐かしくなったり。
今見ても、いい映画です。スネちゃまがけっこう愛しかったり。
[PR]
by azuki-m | 2007-04-07 15:14 | ■メモ
<< 行ってきました、ウィーン版「エ... 終わった後でなんですが、世界フ... >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧