インサイド



ミュージカル「マリー・アントワネット」の感想なんか。

さて、本日はミュージカル「マリー・アントワネット」の感想文なんかを。
梅コマでやっておりましたので、母上と一緒に行ってきました(笑)。
なんで行ったかといえば、そりゃクンツェ&リーヴァイコンビの作品だからに決まってます(笑)
「エリザベート」(ウィーンキャスト版)を見る前に、一度見ておきたかったのです。

さて、ミュージカル「マリー・アントワネット」。
ネットでいろいろ言われているのは知っていましたが、あまり事前情報仕入れずに見に行きました。ですが、思っていた程、悪くはなかったです。
むしろ、2幕はとっても面白かった。

その内容ですが。
今やってる映画「マリー・アントワネット」とは当然違います。端的にいえば、「MAというイニシャルを持つ、対照的な二人の女性の人生」の物語でしょうかね…。そして、そんな彼女達を通して見る、人間の愚かさ、ですかねぇ?
「マリー・アントワネット」という題名ですが、主役は二人のMA。一人はマリー・アントワネット、もう一人は貧民のマルグリット・アルノー。
マルグリットは懇意にしていた女性を「殺した」、王妃アントワネットを憎み、革命に身を投じる。一方のアントワネットは無邪気な王妃としてフランスに君臨するも、徐々に政治と歴史に飲み込まれていく。

音楽なんかはとってもカッコイイ。脚本も良いと思うのですが。
…カリオストロさんの存在意義が、よく分かりませんな(汗)
別に彼の手の内でなくとも、「人は愚かな歴史を繰り返す」ことなんて、この種類のお話には大前提すぎて、敢えてそれを語るためだけの人物を設定する必要はないと思うんですがね…。
暴動の裏に「黒幕アリ」な展開なら、オルレアン公だけでも充分な気が。
また、クンツェ作品におなじみの狂言回しならボーマルシェだけでもいいわけですし。歴史を一人別の位置から客観視している人物としても、ボーマルシェだけでいいのですよ。
またこの、ボーマルシェとカリオストロの関係もよく分からんのですよ…。エリザベートにおけるルキーニとトートの関係みたいなもんでしょうか。だけどこのカリオストロさんはお話の中において、いるのかいらないのかよく分からない人物ですが(汗)
なので、ミュージカルの繋ぎ(歌と場面の繋ぎ)としてだけのみ、存在意義のある人物?というか、山口さんのために設定された人物?(汗)
これがストレートプレイなら、全く必要のない人物ともいえるかも(汗)
すみません、まだ一回しか見てないので、よく分からないのですが。
何度か見ているうちに、わかってくるのかも。

あと、2幕はドラマチックで、「これぞミュージカル!」というような感じでしたが、1幕はほとんどイントロなので、ちょっと退屈してしまうかも。
私が見たのは笹本マルグリットでしたが、とってもよかったー。歌がうまい。
ただ、マルグリットが徐々に疑問を持つとはいえ、最後いきなりアントワネットに肩入れしてしまうのにはちょっと驚いた。


後は一幕の流れと、キャラクターをどうするか、ぐらいですかね…。
このミュージカルは日々進化しているようなので、これからももっとよくなるのではないでしょうか。
でももう一回見に行きたいです。
歌がホントによかった。
お暇があれば、ぜひともどうぞ。
(ドイツ公演が決定とのこと。日本発のミュージカルとして初めてのことだとか。脚本も音楽もオーストリアの人が作ったものですが、オリジナルキャストが日本人ってちょっとスゴイカモ)
[PR]
by azuki-m | 2007-02-20 23:17 | ■その他日記
<< 2月に見た映画とか。 京都国立博物館の「御所の障壁画... >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧