インサイド



忙しいといっても、限度があると思う。

 …前回更新してからどれぐらい経ってますかね…。
 なんだか申し訳なさがイッパイの今日この頃。

 最近、「トランスアメリカ」と「太陽」を見ました。
 …のですが、感想文がおっついてないですねー(泣)
 「トランスアメリカ」は正直ケヴィン・ゼガーズ目当てで行ったのですが、予想を上回る面白さ。どうでもいいですが、ちょい役のヒッピーのお兄さんがとってもかっこよかった。名前が分からないのが残念。
 「太陽」は、アレクサンドル・ソクーロフの作品が、これほど日本で脚光を浴びる日が来ようとは、という感じでした。行き着けの映画館では、満席の回もあったし。ソクーロフファンになってそれほど間のない私ですが、彼の作品が日本でこれほど話題になることは、もう後にも先にもないんじゃなかろうか。
 しかし、作風としてはいかにも「ソクーロフらしい」作品でしたので、観客の反応はぱっくり分かれてました(笑)
そしてどうでもいいですが、京都○な○会館さん、いつになったらソクーロフ特集をやってくれるんですか(泣)
 あと、「レイヤー・ケーキ」がちょっと気になります。
 ダニエル・クレイグも大きくなったもんだ…。彼の出演作は「愛の悪魔―フランシス・ベイコンの歪んだ肖像―」から入ったので、「あの人がボンドか!」とちょっとびっくり。でもあの当時から、上手かった…。あんな難しい役、よくやれたと思います。(そしてデレク・ジャコビにも仰天しました。まさかカドフェルがあんな役をやるとは思わなかった…)


 そして、秋は面白そうな映画の公開が相次いで、とっても楽しみです。
 とりあえず、「カポーティ」と「サンキュースモーキング」は見ます…!
 最近、映画館に行くと、なぜか「サンキュー」の予告編が必ず流れるので、どんどん見たくなってきたのです。なので、前売券を買ってみたら、その特典がものすごく面白い。マッチ箱型メモがついてきました。かわい-。
 ついでに買った「王の男」の前売特典も、キャストの顔が入ったチケット入れで、とっても得した気分です。
 あぁぁ、芸術の秋ですねー…。


 最近、仕事がちょっと停滞気味なので、現実逃避がはなはだしい…。
 うちの職場って、仕事以外の人間関係でも疲れます(汗)
[PR]
by azuki-m | 2006-10-09 22:45 | ■その他日記
<< 「太陽」 読書感想文。 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧