インサイド



読書感想文。

 …なんだか最近、一週間に一度の更新になってきましたね…。
 これではいけないと思う今日この頃。
 さて、映画の感想文がおっつかない(なんてこと!)ので、とりあえず読書感想文なんかを。

 つい最近、宮部みゆき著「ブレイブ・ストーリー」を読みました。
 剣と魔法のファンタジーは高校生で卒業したわよ、と思っていたのですが…不覚にも、号泣してしまいました(苦笑)
 以下、ちょっとネタばれです。
 主人公のワタル君の世界が崩壊していく、序盤があまりにリアルで。
 彼がもう少し大人だったら、まだなんとかなっていたのかもしれないのですが、いかんせん彼は小学生。彼の小さな世界では、「お父さんが出て行く」という事実に対処しきれない。「運命の塔」に辿り着けば、全てを元に戻せると信じて、彼は旅に出ます。
 最初、ここから先のファンタジーの世界を読むのがしんどかったのですが、中盤以降、それも慣れて来て、段々面白くなってきました。
 ミツルの最期には号泣。
 ロンメルさんの言葉にも号泣。
 ロンメルさんのところは泣くシーンではなかったかもしれませんが、「あぁ、このヒトは大人だなぁ」と思って。すごいなぁ、強いなぁ、と思ううち、なぜか号泣…。
 いい話でした。
 こういう、異世界もののストーリーは、主人公がいかにして成長していくというのが、物語の大きな軸になっていますし。ワタル君が最後は本当に頼もしかった。
 ファンタジーとは、実世界の縮図ですね。


 そして、ついでにジェイムズ・エルロイ著の「L.A.コンフィデンシャル」も読んでみました。
こちらもものすごく面白かったです。
 互いに性格の違う3人の男たちが、最後は一つの事件を一緒に解決していくことになるという…。(映画とは随分話が違うみたいですね。)
 序盤から読者を引き込む力があるのですが、やはり3人が一緒に行動を起こす、終盤がものすごく面白かった。頁をめくる手がもどかしいとは、まさにこの事。
 エドの台詞がカッコイイ…。
「あんたの育て方が悪かったせいだ」
「あんたが俺を救ってくれた」
 ジャックが死ぬところでは、私も泣きそうになりましたとも…。
 イネスの気持ちは正直、よく分からなかったのですが、事件の裏側にいた人間たちの最期はまさしく壮絶のヒトコト。
 あまりに面白かったので、「ブラック・ダリア」も借りたのですが…あれ?これって、登場人物たちもリンクしてるのかしら??
 エリス・ロウがこの頃から出ていたとは驚き。
 「L.A」は「ブラック・ダリア」から続く、4部作の3作目に位置づけられるそうですが、俄然、他の作品も読みたくなりました。

機会がありましたら、是非とも読んでみて下さい。
[PR]
by azuki-m | 2006-09-25 01:03 | ■その他日記
<< 忙しいといっても、限度があると思う。 台風め… >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧