インサイド



「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

f0033713_225379.jpg















監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:テッド・エリオット 、テリー・ロッシオ
音楽:ハンス・ジマー
出演:ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ビル・ナイ 、ステラン・スカルスガルド

 久しぶりのディズニー映画です。
 いやー、しかし、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイだなんて、前回もそうでしたけど、豪華ですよねー。
 同名の映画の二作目。
 映画としての作りとか薀蓄は置いておいて、純粋に楽しめる映画。脚本の作り方が相変わらず上手いです。
 前作に引き続き、御馴染みの登場人物がたくさん出演してくれるので、すごく楽しい。


 詳しいストーリーについては省きますが、物語はジャック・スパロウの過去、つまり彼が13年前、ブラック・パール号を手に入れるために怪物と交わした契約が期限を迎え(…しかし、13年っていうのも中途半端ですね…)、彼は自分の魂を怪物から要求されるのです。
 しかしそれだけではなく、東インド会社の重役が彼の“欲しいものを探し出すコンパス”を手に入れるため、前回の最後でジャックを逃がしたエリザベスとウィルに、処刑の代わりにジャック・スパロウを探すように言い放つ。またまたジャックに振り回されるウィルが不憫…。そしてそんなウィルを追いかける、相変わらず行動派なエリザベス。結婚式をぶち壊された女は強いです。
 しかしそうまでして探し出したジャック・スパロウが、変な島の現地住民の首長になってるのには笑いました。しかも現地の言葉をマスターしてるし。チョコレート工場のウィリー・ウォンカさんの時といい、言語能力に優れた人なようです(笑)。

 脚本は前回ほど二転三転、というわけではないのですが、その辺は登場人物の多さと、スケール、そして続編を見越してのことでしょうか。面白くなるのはむしろ次回かな。

 この映画に関しては、本当に、純粋なエンターテインメントとして見てしまいます。私が気になるのはやはりウィルとエリザベスの行方(笑)。
 彼らがうまくいってくれるといいのですが、やっぱり絡んでくるジャック・スパロウ…。男二人に女一人だと、これは映画の古今東西しょうがない展開なのですが…。しかし、なんとなくウィルとエリザベスのコンビの方が個人的に応援してしまう。凸凹夫婦。これでエリザベスをジャックにとられるような事にでもなったら、あまりにもウィルが不憫ですよ。スター・ウォーズのルークになっちゃう(今回、「I’m your father!」じゃありませんが、「彼は俺の息子だ」がありましたしね:笑。しかも「運命を変える力がある」ってなんだ。ますますルークじゃないか)。SWはレイアが実は妹でしたという苦しい展開でごまかしましたが、今回、妹は無理すぎです。そして、エリザベスにだまされて(苦笑)、ピンチに陥るジャック・スパロウ。一人船に取り残された彼は海の魔物・クラーケン(巨大なイカ)に襲われて…!果たして彼は死んでしまったのか?
 …なんだかんだ言いつつも、ハン・ソロ、じゃない、ジャック・スパロウを助けにいくため、一つになった海賊の皆さん。そして最後に登場したのは…なんとあのバルボッサー!!
 …死んだはずじゃ?あれ??
 どんなカラクリがあるのかは分かりませんが、満を持してバルボッサ登場。この映画、最後は全て彼に持っていかれてしまいましたよ。
彼の登場で、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマソングとでもいうか(名前は分かりませんが)、戦闘シーンなんかによくかかる曲が最後の最後でようやく鳴ってくれて、「待ってました!」ってな感じでした。
 あの音楽がかかると、わくわくします。(全体的に、この映画は音楽がいいし、使い方も上手ですよね。)

 新しい登場人物としては、妖しげな怪物(クラーケン)や、魔女のお姉さんが出てきたり、胡散臭さ倍増。ウィルのお父さんにはちょっとびっくりです。この父にしてこの子ありか…(苦笑)。…た、頼りない…。

 にしても、オーランド・ブルーム、ちょっとかっこよくなったような気がしないでもない。キーラはますます美人になりましたし。
 
 パイレーツ・オブ・カリビアンの時代背景はよく分からないのですが、17世紀頃なのでしょうか。この時代、海賊には公認制度があったっけ…。海がどんどん開拓され、未知のものではなくなっていく時代。
 どの港も、活気がありますね。


 最近、大型娯楽映画で続編モノが続きますが、また見れるという楽しみがあってとても嬉しい。スパイダーマン3も早くみたいな…。MIⅢは気になる俳優が何人か出演しているので、見ようかどうか迷っています。


 どうでもいいですが、このディズニー映画が各方面に与えた影響って大きいですよね。
 ジョン・ガリアーノとかジャック・スパロウの格好に多大なるインスピレーションを受けたのか、海賊みたいなファッションを発表とかしてましたもんね。
 恐るべし、ディズニー。
 だめだ、また東京ディズニーランドに行きたくなってきた。
 見たばっかりですが、早く3が見たいです。
[PR]
by azuki-m | 2006-07-20 02:32 | ■映画感想文index
<< プラド美術館展に行ってきました。 …なんだかなぁ…。 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧