インサイド



……やっちゃったよ。

なんで私、このチームが好きなのかしら…。
試合が終わった後、そこはかとない脱力感が体を覆います。
日本×クロアチア戦、かなりの方が見られたと思いますが、私も見ました。
ただし、私はクロアチアを応援していましたが。
このブログは映画感想文ブログのはずですが、W杯ということで、お見逃し願います…。

…す、すみません…。


日本中が自分の国を応援しているというのに、なんで私はクロアチアを応援してるのかしら。
しかもこんな弱小チームを。
試合が終わった後、ちょと涙が出そうになりました。
はっきり言って、クロアチアの悪いところがほとんど出てしまった試合でしたねー。
まず決定力がない。
いや、決定力がないはずがないんだけど、ゲームを丁寧に組み立てられず、FWのプルショやクラスニッチが上手い具合に仕事ができない。
プルショなんて、なんでこんなに下がってるのよ、って位置から攻めていってましたね。
それは監督の指示なのかもしれないけど…。
こらこら、クラニツァール息子、おまえはどこにいったんだ。
何故だか分かりませんが、ニコ・クラニツァールがほとんど仕事をしておりません。
それはチームメイトが彼にボールを送ってないからなのか、それとも単にクラニツァールがさぼっているのか。
なんにしても、ゲームメイカーとしての役割はほとんど果たしていませんな。
中盤が機能しないこと、しないこと。
フリーキックやコーナーキックも、なぜかスルナが担当。
チームの連携も今ひとつで、パスミスはするわ、集中力が切れるわ、最終ラインは信じられないところで突破されるわ。
…そんなミスやちぐはぐさが合間って、得点が入る気配が全くない!!
PKは、スルナ(いつものPK担当係)の顔がかなりヤバメだったので、「あ、こりゃ入らないな」と思ったのですが、まさしくその通り。
審判に至っては、FIFAの指導でカードを連発。
今回のW杯、審判がカードをよく出しますね。きちっと指導するのはいいことだと思うけど…。
時として、審判が試合を作ってしまうことにもなりかねないというか。
この間のイタリア×アメリカ、直に見たわけではありませんが、すごかったようで。


ディフェンスは…点が入れられなかったのは良しとしても、かなりひやひやさせられました。
日本だって、FWからは得点が入りそうな匂いがないのに。(なんでMFの方が怖いんだろう)
おまけに、コバチ弟は、次の試合に出られない!
この穴をどうカバーするの…。
右のシミッチさんは、後半に至っては体力のなさを見事に露呈しておりましたし。
…悪くない選手なんだけど、この体力のなさは致命的です…。それだけ動いてるってことなのかもしれないんだけど。
どうでもいいですが、やはり実況はシミッチさんとシムニッチを混同してましたね。


…なんにしても、次のオーストラリア戦が怖くてしょうがないです。
というか、何かの奇跡が起って、オーストラリアがブラジルに勝ちでもしたら、そこでクロアチアのW杯は終わりです。
たとえそんな奇跡が起らなくとも、第3戦でオーストラリアに勝てるかと言われると、「無理だろう」という及び腰の回答しかできなくてですね…。
今ひとつ、自分の好きなチームを信じられない自分が情けない…。
せめて、チームがもう少しまとまってくれればなぁ…。


…とりあえず、まだもう少し、私のW杯は続くようで、そこは嬉しい。
次も本気で応援します。
がんばれ、クロアチア。
悔いのないよう、お願いします。
[PR]
by azuki-m | 2006-06-19 01:46 | ■W杯の思い出
<< 「ぼくを葬る」 こっちだって後がない。その2 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧