インサイド



ソクーロフリスペクト

またまたお久しぶりです。
こ、更新サボってすみません…。

さて、本日はアレクサンドル・ソクーロフ監督の「ファザー、サン」を見てまいりました。
詳しい感想は後日、改めて書かせていただきますが…。
やー、すごかった。
久々に、窒息されそうな映画でした。映像の美しさにただただ感嘆。本当に美しい。まるで写真みたい。
f0033713_1294948.jpg
そのうえ、ものすごい私好みの演出、撮り方、作り方。
久々の大ヒット。なんで今まで見なかったんだろう。
これからガンガンはまっていきそうな監督です。

アレクサンドル・ソクーロフ監督はロシアの監督なのですが、ロシア映画を見るのは、「父、帰る」以来でしょうか。
あれも父親と息子の関係を描いた作品でした。
ロシアにおける「家族」、或いは「父と子」というのは、ヨーロッパ、或いは西側の世界で描く形とは少し違うのかもしれませんね。

それにしても、本日はソクーロフのほかの作品も上演していたのですが、「マザー、サン」は寝坊のため見れず(泣)、「日陽はしづかに発酵し…」は、体力的な問題で見れず(泣)
「ファザー、サン」しか見れませんでした(泣)
…うわぁぁぁん!!(泣)


※後日、もう一度映画館に足を運びまして、「日陽はしづかに発酵し…」と「孤独な声」を見てまいりました。
寝不足がたたって、「孤独な声」は正直寝そうになりましたが(汗)、両方ともよかったです。
特に「日陽はしづかに発酵し…」はこれまた私好みの、不思議な作品。これも時間があれば感想文をアップしますね。
[PR]
by azuki-m | 2006-06-04 01:30 | ■映画こぼれ話
<< かくして笛は鳴る。 「カラヴァッジオ」 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧