インサイド



ちょっとした近況報告。

…異動したばかりでなんですが、「ありえないよー!!(大泣)」ってな大問題が発生。
既に逃げ出したい気持ちでいっぱいです。
…どうしたらいいのかしら…。


……まぁ、そんな事はおいておいて。
また面白そうな映画が続々上映されますねー。
「アメリカ、家族のいる風景」だとか、「ブロークンフラワーズ」だとか、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」だとか、「ぼくを葬る」だとか。(あくまで関西時間…)
(横の写真は「ブロークンフラワーズ」の一場面)
f0033713_159691.jpg

「ブロークンフラワーズ」には、またまたティルダ・スウィントンを見ることができますよ!!
てぃるだー!!
何はともあれ、非常に魅力的な監督の作品が続々と上映されるようなので、今からとっても楽しみです。
そういえば、ハネケの「隠された記憶」も関東では4月29日に公開なのかな。


「ダヴィンチ・コード」にも結構期待しているのですが…(いや、いろんな意味で)。
どうでもいいですが、原作の冒頭、被害者がよりにもよってカラヴァッジオの絵を投げ捨てる(ちょと違う)シーンがありまして、それは作中、唯一(心の中で)大絶叫したシーンでした。
映画でそんなシーン見たら、どうなっちゃうんだ、私。

なんにせよ、公開が待ち遠しい映画ばかりです。

人はこれを現実逃避と呼ぶんでしょうね…
[PR]
by azuki-m | 2006-04-20 01:59 | ■映画こぼれ話
<< 「アメリカ、家族のいる風景」 「三月のライオン」 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧