インサイド



アカデミー賞の結果とか。

 一日遅れですが、アカデミー賞の感想なんかを。

 アカデミー賞、作品賞受賞は「クラッシュ」。
 あぁー、やっぱりなぁ、とちょっと残念には思ったのが半分、しょうがないか、と諦めたのが半分。そしてその後、結果に納得。
 
 つい最近、「クラッシュ」は鑑賞したのですが、正直なところ、「すごくいい映画なんだけど、アカデミー作品賞に選ばれるには、ちょっと地味かも…(汗)」と思いました。(しかしそれを言ったら、今年度の作品はどれも地味だ地味だって言われてるけど)
 ただこれは、幸いなことに、人種差別を経験したことのない私には、「アメリカそのもの(ニュース等の批評による)」である映画に、実感がわかなかったからだと思います。ですから、あまり感情移入したり、激しく心を動かされることがなかったというか(汗)
 しかし、やはり「群像劇」を綺麗にまとめた脚本、編集(編集の賞もとってたんでしたよね)、はやっぱりすごい。事件は必ず「車」から、っていう展開もなんか妙に気に入りました。
 それと、多分、アカデミー賞の投票をされている方の性格・性別・年齢・居住地等にもよると思うのですが、彼らにとって、尤も親近感がわく映画が「クラッシュ」だったのかな、とも。(あるいは、下馬評通り、「同性愛」という題材が敬遠され、こちらに票が流れたのかもしれませんが)


 一方の、ブロークバック・マウンテン。(以下、BBM)
 BBMは、映画は見ていませんが、原作で私は大泣きしました。映画がどんな風に脚色されているのかは分かりませんが、トレイラーや数々の情報による限り、王道系直球ラブストーリーなんじゃないかな、というのが私のうっすらとした感想です。それこそ、「タイタニック」を地でいくんじゃなかろうか、ってな具合に。
 そんなラブストーリーであれば、私でも理解することが可能です。私がこの映画に期待するのは、原作の威力もありますが、何より久しぶりに「超王道系直球ラブストーリー、しかも美しい自然の風景もまじえつつ(山の映像大好き!)、そして監督がアン・リーだ!」が見れるからだろうなぁ、とも思います。ですので、多分、この映画を見て、私は激しく心を揺れ動かされるに違いない、というのは、自分の過去の映画歴を考えると、想定の範囲内なのです。
 ですからまぁ、…やっぱり、ちょっと残念です。
 結果に納得してるんですけど、やっぱり残念。

 でも、アカデミー賞にここまで注目したのって、初めての気がします(笑)。
 いろいろ予想するのも楽しかったし。
 ありがとうございます。


 しっかし、まだ見てない映画のことで、これほど一喜一憂する自分もどうかと思います。
 実際見て、「…あー…」な映画だったらどうしよう(汗)
 知り合いや、みなさんのブログやその他感想文によると、「いい映画だった!」なので、大丈夫だとは思いますが。
 あー…こんなに突っ走っていいんだろうか(汗)
[PR]
by azuki-m | 2006-03-07 23:57 | ■映画こぼれ話
<< 関西にてフランス映画祭!! 「エドワードⅡ」 >>


「私は、断固たる楽天主義者なのです」
カテゴリ
全体
■映画感想文index
■映画ヒトコト感想文。
■映画こぼれ話
■自己&ブログ紹介
■その他日記
■メモ
■W杯の思い出
■トリノの思い出
以前の記事
メモ帳
にほんブログ村 映画ブログへ
最新のトラックバック
隠された記憶
from Patsaks
『ブロークバック・マウン..
from おきらく楽天 映画生活
『隠された記憶』
from cinema!cinema!..
ぼくを葬る(おくる):映画
from 映画、札幌のグルメはジフルブログ
『叶えられた祈り 』トル..
from Anonymous-source
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧